2流大学出身、中小企業の営業マン

浪人、2流大学出身の中小企業営業マンの成り上がり記録です

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

テレアポ、「なるほど」をたくさんもらう  

こんにちは

大阪の中小企業の営業マンです。

 

自己紹介はこちらから

 

  

前回記事はこちらから

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

に続き、営業日記8とテレアポです。

 

再びBさんのメモを見返す・・・

 

Bさん

「とにかく最初に話す事をいっぱい考えとけ。

知らん人間から電話かかってきて

自分の話しする人間は、そんなにおらんやろ」

 

「最初は、こっちが話し続けるんや。

そのうち、相手もな「なるほど」て、

思う事もあんねん。

 

その「なるほど」をいっぱいもらうねん」

 

「だからな、

 

相手に「なるほど」思わせる事を考えて

短い時間で、短い言葉で、

相手に伝わるように言わなあかんわけや

 

 

私「なるほど!」

 

って自分が言ってる場合ではない💦

 

Bさんの言葉を思い出しつつ

トークスクリプトを自分なりに作成。

 

電話先の相手が

「なるほど」

「そうですね」

と言った言葉に印をつけつつ、

電話の量をこなしていく。

 

そうすると、

一本の電話の時間が少しずつ長くなる、

 

「なるほど」と「そうですね」を

 

少しずつもらえるようになってくる。

 

f:id:eigyoublog:20160319210040j:plain

 

次に、断り文句(断られ文句)を書いていく。

 

「忙しい」「間に合ってる」は

表面上の理由でしかない

 

こちらが話す言葉に「なるほど」と思うと

相手も、少し聞いてみようと思うはず。

 

だから、

「短い言葉」で相手にちゃんと

伝えないといけない。

 

相手に、

 

「短い言葉でちゃんと伝わる」

 

フレーズをためつつ、

ことわられ文句もためつつ、

2日目のテレアポは進んでいく

 

次回へ

 

◆ 今日の教訓

 

テレアポは「なるほど」をたくさんもらう

電話先の相手に、短い言葉でちゃんと伝える

  

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村