2流大学出身、中小企業の営業マン

浪人、2流大学出身の中小企業営業マンの成り上がり記録です

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

営業日記68 営業は筋を通すべき、退社のきっかけ

こんにちは

大阪の中小企業の営業マンです。

 

久しぶりの更新、

今回は、営業日記の続きです。

 

前回は、経営者への営業について書きました。

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

今回は、私が退社を決意する

きっかけとなった会議を紹介・・・

 

当時、私は社内では営業部の責任者となり

数字を管理する立場にいました。

 

個人で担当している数字は

全社売上の約50%。

 

市場は縮小しているものの

既顧客との関係を構築し

最悪の事態から脱しつつある状況。

 

という状況下で、

ワンマン社長から、新商品の会議の為の

招集が久しぶりに・・・

 

f:id:eigyoublog:20160509213339j:plain

 

ワンマン社長曰く

既存商品のライト版をつくっていこうと、

その価格は、既存商品の10分の1程度。

 

よくよく説明を聞くと、

既存商品と比べ内容はほとんど同じ、

ネーミングとパッケージのみを変える様子

 

社長としては、縮小していく市場で

売れる?売れそうな? 商品をリリースしたい一心

 

しかしながら、

どう考えても既顧客に対して説明がつかない

商品設定であり、

価格設定であり・・・

 

「これでは顧客に説明がつきません。」

「業界内で悪い噂になり兼ねない」

 

社長

「意見は聞いていない。君は売ってくればいい」

 

と・・・

まあ、いつもの事ながら話になりません。

 

何度か、同じような言い合いが続き・・・

 

「この結論には賛同できません」と言い残し

会議の場から立ち去りました。

 

社長が、何か怒鳴っていましたが・・・

 

若かったとはいえ (^^;)

しかし、筋の通らない話には納得ができません。

 

結局、その商品はリリースされたものの

ほとんど売れずに終わり、

顧客と市場の信頼を落とす事に・・・

 

既顧客からは、

商品の事、価格設定の事で

当然クレームを受ける事に・・・

 

この事から、どれだけ苦しくても、

 

自社の都合だけで商品をリリースしてはいけない

信用を積み重ねるのは時間が必要、その逆は一瞬

 

である事を、身に染みて理解しました。

 

そして、経営者と営業に関する考え方の違いが

より鮮明になった出来事でした。

 

自分は、何を大切にして仕事をしているのか、

仕事で何を成し遂げたいのか、

 

真剣に、深く考えるようになった一件でした。

 

今回は、このあたりで。

ここまで読んでいただき、

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村