2流大学出身、中小企業の営業マン

浪人、2流大学出身の中小企業営業マンの成り上がり記録です

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

「一勝九敗」(柳井 正 社長)

 

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

起業、経営、仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、仕事に役立つ書籍 です。

まず、前回紹介しました書籍記事を・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

今回、紹介する一冊は・・・

 

   

 

 「一勝九敗」(柳井 正 さん)

 

 

先日、ビジネスパートナーにプレゼントした一冊です。

 

私は、何度も読み直していますが、

読むときの自分の状況により、

刺さるワードが異なります。

 

ビジネスパートナーに刺さって欲しいと思っている

ワードは、次の箇所です。

 

経営者と商売人はどう違うのか。

商売人は、売ったり買ったりすること自体が好きな人。

ほとんどの中小企業の経営者は、その意味で経営者でないと思う。

経営者とは、しっかりした目標を持ち、計画を立て、

その企業を成長させ、収益を上げる人の事だ。

 

最近、起業されたビジネスパートナー。

商売人と経営者の違いは大きいですね。

 

そして、もう一箇所。

 

失敗を生かすも殺すも経営姿勢次第である。失敗はだれにとっても嫌なものだ。

目の前に突きつけられる結果から目をそらし、

あるいは蓋をして葬り去りたい気持ちになるだろう。

しかし、蓋をしたら最後、必ず同じ種類の失敗を繰り返す事になる。

失敗は単なる傷ではない。失敗は次に繋がる成功の芽が潜んでいるのだ。

したがって、実行しながら考えて、修正していけばよい。

 

経営者のみならず、すごく大切な考えだと感じています。

成功されている経営者、ビジネスマンは、

とにかく 打数が多い。

 

著書タイトルにあるように、

一勝九敗でいい。

 

早く、たくさん、失敗する。

一勝で構わないので、その勝利を深堀してビジネスにする。

 

そう理解しています。

 

打数(行動)を多くしていく。

 

今日も、まだまだ時間はあります。

努力ができます (^^)

 

今日も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村