2流大学出身、中小企業の営業マン

浪人、2流大学出身の中小企業営業マンの成り上がり記録です

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

「売れる営業」と「売れない営業」は何が違う?

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、営業の学び 36です。

 

まず、前回の営業の学び記事を

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

今回は、こちらの記事から学びます。

 

www.lifehacker.jp

 

記事では、題名のとおり

「売れる営業」「売れない営業」

ケースごとに比較して、

そのポイントを説明してくれています。

 

例えば・・・

 

◆ 売れない営業は淡々と話し、売れる営業は感情を込めて話す

◆ 売れない営業はメリットを伝え、売れる営業はベネフィットを伝える

◆れない営業は弱いニーズに賭け、売れる営業は弱いニーズを強くする

 

私の解釈では、

売れない営業は、自分軸で考え営業をしている

売れる営業は、徹底的に相手軸でモノゴトを考え営業をしている

ということ。

 

営業をする相手の事を徹底的に調べて

相手の事を徹底的に想像して

相手に徹底的になりきる、

 

が、できるかどうかは大きな差を生みます。

 

これまでにも過去記事で

類似の事を紹介してきました。

 

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

相手になり切る為には、

相手を知る事が必要で、

相手の情報が必要で、

相手の情報が増えれば増えるほど、

相手への想像力がふくらみ、

相手になりきることができる。

 

時間と経験が必要ですが

営業としては必須の能力と思います。

 

 

今回も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

毎日の情報収集で自分の仕事の枠を広げる

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、営業日記99、仕事のルーティン20 です。

 

まず、前回の営業日記

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

そして、前回の仕事のルーティン記事

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

今回は、毎日の習慣

情報収集です。

 

仕事や、その他コミュニケーションをとる中で、

専門の仕事の知識はもちろん、

それに付随する、また別分野の

知見をもっている人は様々頼りになります。

 

また、自分自身その知見を持つ事で

専門分野以外の仕事の相談も受け、

仕事の幅も広がってきます。

 

という訳で、

 

今回は、

日々の情報収集の習慣を紹介します。

 

日本経済新聞

http://www.nikkei.com/

 

電子版を購読しています。

企業経営者は購読している方が多く、

共通のネタとして、

情報収集の基礎的なものとして。

電子版は記事のキーワード検索、保存を特に利用。

プレゼンなどにも生かしています。

 

 

◆News Picks

https://newspicks.com/

 

独自記事や一般記事のチョイスもさることながら

見識のある方々の意見が参考になります。

 

 

Googleアラート

https://www.google.co.jp/alerts

 

キーワードを登録しておくと

そのキーワードが含まれるネット上の記事、

ブログなどを毎日届けてくれます。

私は仕事にまつわるワードを70ほど登録。

玉石混合ですが、結構な情報量になります。

 

◆ブログ

 

30ほどのブログを登録

最新記事は全てチェックしています。

 

◆本

 

毎月、10冊程度を精読します。

こちらにも書きましたが、

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

仕事に生かす為に読んでいます。

 

以上、紹介してきましたが、

 

一番重要なのはから直接聞く情報ですね。

 

人を通して情報の収集と

そのアウトプットを行い続けることで

その情報が磨かれて

本当に役立つ情報になります。

 

今回も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 

 

 

「営業は量で決まるのか」、営業の学び記事

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、営業のニュース、学び記事 35 です。

 

まず、前回の営業の学び記事を

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

 

今回は、こちらの記事からの学びです。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

 

「営業は量で決まるのか」

 

記事では、営業の量は否定しないものの

それよりも振返りの大切さを説いています。

 

 

デービッド・コルブという組織行動学者は、

「経験→振り返り→概念化→試行」

 

まずは何かをやってみる「経験」

後からその要因について「振り返り」

その振り返りから、自分なりに成功のポイントは

こうではないかというのを「概念化」

概念化してみただけではなく実際に「試行(やってみる)」が必要。

これが、次の「経験」につながっていきます。

 

以上を、テレアポを例に

更に説明されています。

是非、元記事もご覧ください。

 

定期的にこういった記事を読む事で

営業の基本や大切なことを再認識できます。

感謝ですね。

 

今回の記事は、

営業とは、

 

しっかりと考えて、

それなりの量をこなして、

振返り、改善していく

 

という事だと思います。

 

以前、私もテレアポについて

同様の記事を書きました。

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

新人の頃には、テレアポで鍛えられました。

かなり数をこなしました。

 

たくさん失敗もして、

失敗をしないように振返って、

また、試して・・・

 

やはり、この繰り返しですね。

基本を大切にしないといけません。

 

今回も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 

 

 

残暑見舞いの効果を上げるために

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、営業日記 98 です。

 

まず、前回の営業日記を

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

前回、残暑見舞いをだす意味と

書く時のポイントをお伝えしました。

 

今回は、せっかく書いた

残暑見舞い

効果を増す動きを紹介します。

 

f:id:eigyoublog:20160508162814j:plain

 

 

すごくシンプルです。

 

それは、

 

 

残暑見舞いを受取る

相手の行動を予測して

情報を追加することです。

 

 

具体的には、

 

まず、残暑見舞いの到達日を

地域ごとに、

日本郵便のサイトで確認します。

お届け日数を調べる - 日本郵便

 

次に、残暑見舞いの到着日は

相手のお盆休み明け+1日で設定します。

 

お盆休み明けは、

皆さんけっこう忙しい。

 

案内やらもたくさん届いています。

事務処理もあります。

 

なので、

 

残暑見舞いの到着日は、

お盆休み明け+1日に設定します。

 

 

そして、

 

残暑見舞い到着日に合わせて

メールを送ります

 

相手によっては電話を掛けます。

 

 

ただ、メールの方がおススメです。

なぜなら、メールの方が電話よりも、

こちらが意図する情報を大量に

送れるからです。

なので、メールを見ない、あまり見ない

という相手以外はメールを送る。

 

もちろん、

メールの内容は

残暑見舞いの内容とリンク

させてください。

 

 

残暑見舞いを送ることで

情緒的なアプローチに繋がり、

 

そのうえで、

メールで論理的なアプローチです。

伝えたい事を伝えます。

 

一年中、営業機会はあふれていますが、

長期休暇明けは特にチャンスです。

休暇中に色々と考える人が多い。

 

是非、仕掛けて下さい。

 

今回も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 

 

<仕事に役立つ書籍>

 

   

 

 

残暑見舞いをだす時の5つのポイント

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、営業日記 97、

仕事のルーティン 19 です。

 

まず、それぞれの前回の記事を

 

前回の営業日記

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

前回の仕事のルーティン記事

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

世間的なお盆休みの、この時期

毎年のルーティンにしているのが

残暑見舞いを書く事です。

 

最近では、

暑中見舞い、残暑見舞い 

だす人も少なくなってきました。

 

だからこそ、

残暑見舞いをだすと目立ち、

他(営業マン、企業)との差別化にもなります。

 

これまでに、

手紙や御礼状、年賀状などの

効果は何度か書いてきました。

 

過去記事の紹介です。

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

eigyoublog.hatenablog.com

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

 

残暑見舞いをだすのは、

8月7日~8月一杯までの期間。

 

そう、まだ間に合います!

 

そして、せっかく書くなら、

ありきたりな文言ではなく、

 

1.相手の名前を書き、

2.自分(自社)の仕事に対する想い、姿勢を書き

3.相手と手掛けている仕事に対する想いを書き、

4.日ごとの感謝の想いを書き、

5.相手の体調を気遣う言葉を書く

 

など、できれば手書きで。

 

相手の印象が変わります (^^)

 

是非!

 

今回も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 

 

<仕事に役立つ書籍>