2流大学出身、中小企業の営業マン

浪人、2流大学出身の中小企業営業マンの成り上がり記録です

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

書籍16 ザ・ラストエンペラー(見城 徹 さん)

こんにちは

大阪の中小企業の営業マンです。

 

今回は、仕事に役立つ書籍の紹介です。

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

以前、紹介しました「たった一人の熱狂」と同じく、

 

幻冬舎見城徹さんの書籍

 

「ザ・ラストエンペラー です。 

 

 

幻冬舎、社長の見城さんと

3名の編集者、元幻冬舎社員の方との対談集

 

「たった一人の熱狂」を元にした話も多く、

たった一人の熱狂と続けて読むと

刺さり具合がより深くなります (^^)

 

特に、編集者と経営者についての記述は

刺さりました。

 

編集者は極端をいかないとダメだし、

両極端を激しくスイングもしないとダメ。

だから、ホワイトだけではダメで、

ブラックも飲み込まないといけない。

白と黒、繊細としたたか、自意識と自己嫌悪、

何もかもがスイングしていないと。

だから、常にエッジを攻めるわけです。

(中略)

一方で経営者はエッジを攻めたらダメです。

安定とか安全を、どこかで考えて常に担保しないといけない。

 

この言葉は、編集者と経営者の枠を超えて

 

営業マンと経営者、

もう少し、視野というか解釈を広げると

営業マン(プレイヤー)とマネージャーを

兼ねる場合にも言える事と感じました。

 

こういった、

現象としてある事を

刺さる「言葉」にされているのが、

素晴らしいですね。

 

他にも、

本書では、見城節がたくさん炸裂しています。

 

電子書籍で価格も抑えられています。

自省を促すのに適した一冊です。

是非。

 

今日も、ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村