2流大学出身、中小企業の営業マン

浪人、2流大学出身の中小企業営業マンの成り上がり記録です

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

「こうすれば人は必ず動く」(D.カーネギー)その2

こんにちは!

大阪の中小企業の営業マンです。

 

まず、このブログの紹介と

自己紹介はこちらを・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

 

このブログでは、大学受験に失敗し、

二浪したあげく、

二流私立大学に入学卒業して、

零細企業に入社し、

そこからはい上がり、成り上がってきた、

起業、経営、仕事、営業について書いています。 

 

少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

 

今回は、仕事に役立つ書籍 です。

まず、前回、前々回紹介しました書籍記事を・・・

 

eigyoublog.hatenablog.com

  

eigyoublog.hatenablog.com

 

先日、一度紹介しましたが、

一度では紹介しきれなかったので

再度、紹介の一冊です。

 

「こうすれば人は必ず動く」

です。

 

その題どおりの内容です!

 

 

    

 

  「こうすれば人は必ず動く」

(D.カーネギー

 

 

まずは、営業マンは改めて

胸に刻んだ方が良いワードです。

 

◆ 相手の心をうまくつかんで人を動かす

 

 

 成果をあげられないのは、お客さんの抱えている

問題を考えようとしなかったからです。

人に物を売りつけられたとか、人の言いなりに

なったとか思うのは、誰でも嫌なものです。

誰もが、自分の都合で、そして自分の意志で、

物を買っているんだと思いたいのです。

 

「取引をしようと思うなら、相手特有の問題が

何であるかを発見し、相手がそれを解決

できるよう、援助を提供すること」

 

簡単なようで最も難しい営業の芯の考え方と捉えます。

常に、この考え方をもち行動ができている営業マンは

売れ続けるでしょうね。

 

◆時間という荒馬をコントロールして人を動かす

 

 ミシガン大学で、人が最高の成果をあげるためにはどのような要因が

必要であるかということについて、大がかりな調査研究が行われたこと

があります。それによると、締め切りに間に合わせなければならない

という目標がある場合に、最も大きな成果があげらえることが判明した

のです。プレッシャーのあるほうが、より大きな成果をあげることが

できるのです。しかも驚くべきことに、そのほうが疲労感も

少ないというのです。

 

自分自身をコントロールするのが最も難しい。

だからこそ他者との予定や、

締め切りのある仕事を、これでもかと詰め込む。

それで自分の弱さを克服していく。

時代が変わっても大切な考え方であると改めて感じます。

 

◆ 劣等感を克服して人を動かす

 

この世でいちばん多く見かける失敗の原因は?

おそらく失敗の原因としていちばん多いのは、恐怖心です。

恐怖心に破れる人がこの世でいちばん多い。

そして恐怖心の中でも、最も恐ろしいのが「劣等感」と

呼ばれるものです。

 

心の中に思っている事が、その人自身である

恐怖心を克服したいと思うなら、心構えを変えなければなりません。

恐ろしいということを考えるのではなく、勇気をイメージし、

勇気を生き、勇気となるように。

人間というのは、一つのことを考えて、べつのものになることは

できません。

あなたの心構え、あなたの思いが、あなたを作るのです。

「心の中に思っていることが、その人自身である」

 

自分自身の考え方はもちろん、

前向きなマインドを持つ人と会い、

前向きな言葉が溢れる環境に自分をおくことで

自分自身の心が変化変容していくと考えます。

勉強会やオンラインサロンなどが流行り続ける理由ですね。

 

あなたに幸不幸をもたらすのは、あなたが何を所有しているか、

何者であるのか、どこにいるのか、何をしているのか、

といったことではなく、

あなたがどう考えているのかなのです。

 

折に触れて読み返すべき一冊です。

勉強になりました。感謝。

 

今日も、明日も全力でいきましょう!

 

ここまでお読みいただき

ありがとうございます。

 

   

 

  「こうすれば人は必ず動く」

(D.カーネギー

 

 

営業 ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村